「A4」1枚アンケート広告作成アドバイザーを取得したきっかけ

「このチラシ、これで人来るのかね?」

「私なら見ない」

「この店で〇〇買ったけど、〇〇のこと一つも載っていない。なんで?」

弊社社員松野さんから「配布スタッフからこのような声を聞いてきました。」と報告がありました。

配布スタッフには日頃から、クライアントの代わりに配るのだから、丁寧な配布をお願いし実行していただいているのですが、状況によっては直接渡す場合もあるため、スタッフもチラシの内容を確認しているとのことでした。

そのクライアントからいろいろなお話をさせていただく中で出たのが「●●に広告をしていたが、反応が無いから」というものでした。これは正直たまりません。いずれ弊社のこともそう言われるのでは?と思わざるを得ませんでした。

 

話は変わり、私事ではありますが、2017年5月から、藤屋式ニッチ戦略塾の大阪会場に通わせていただいております。ポスティング業務で安定した経営には程遠かったため受講していたところ、藤屋塾長より様々な指摘を受けておりました。

その中の一つが、「何故、川上から川下まで対応しないのか?」というもの。

今まで、“持ち込まれたチラシを指定された地域に配布を行う”ことを主体にしていたため、「クライアントにも印刷会社や制作会社など様々なお付き合いもあるだろう」「原稿制作の手間やコストが…」など様々な理由をつけ制作関連から距離を置いていました。ポスティングにこだわっていたようで、どうしても制作部門に踏み込めなかった自分がいたようです。

 

しかし「このような状況で良いのだろうか?」と感じていた時、以前受講した【「A4」1枚アンケート広告作成アドバイザー】の資格取得案内のメールが届いたのです。

「良いものを持っているにもかかわらず、うまく伝えられない人を正しいやり方で救う」

これがアドバイザーの使命。

 

藤屋塾で学んだ「誰に」「何を」「どのように」ドラッカーの教えから導き出した答え、それが「A4」1枚アンケート広告作成アドバイザーでした。

藤屋式ニッチ戦略塾HPはこちら ↓

藤屋ニッチ戦略研究所

「A4」1枚販促アンケート作成アドバイザー協会 公式HP はこちら  ↓

http://a4kikaku.com/

 

未分類

Posted by region